2017年5月26日金曜日

ラテンジャズガラ〜

昨夜は原宿 "La Donna" でピアニスト、野口茜ちゃんのラテンジャズガラ〜のライヴ。茜ちゃんとの出会いは昨年の赤木りえさんのライヴで…。

この数年、バンド内最年長が当たり前になって、若手ミュージシャンの演奏からとにかく刺激を受ける。しかもピアノ、ベースにコンガ、ティンバレスという編成でラテンジャズを演奏するライヴなど、はたしていつぶりだろうか? 今年になってから自分の中でも「ラテン回帰」の意識が強まって、若かりし頃のめり込んだラテンジャズ、サルサを聴きあさる中、こんなセッションに誘われたのは必然なのか。

ラテンジャズコンボ、"Conjunnto Michaquino" (コンフント・ミチャキーノ) を率いてライヴ活動をしていたのが20代前半。昨夜はその頃演奏していたラテンスタンダードの曲も多く取りあげてくれて、ひたすら懐かしくもあり、またこのメンバーでの新鮮な展開につい盛り上がってしまう。そしてお客さんのレスポンスもかなり熱〜い。

僕にとってラテン音楽は麻薬的魅力に満ちていて、ハマってしまうと周りが見えなくなる?という危機感もあって、一時期(いや結構長い間)あえてラテンから遠ざかるべく心の中に封印していたと言ってもいい。しかしこの歳になってやっと、元々自分を興奮させる音楽であるこのラテンに今一度回帰して、現在ならではのスタイルを構築できるのではないかと予感する。

茜ちゃんのこのライヴはシリーズとなっていて、この原宿 "La Donna" で、6月15、29日(いずれも木曜日)とも同じメンバーで生粋のラテンジャズをお届けする。興味のある方、是非ご一聴を!!

2017年5月24日水曜日

足踏み脱穀機、修復!

このところ雨も少なくまさに麦秋の季節。ところが今年は春の桜の開花が遅かった?ように、小麦もそこそこ色付いてきているのだが収穫まであと一歩というところ。刈り取りは今週末あたりか…。

収穫後しばらく乾燥させた後、脱穀作業となるのだが、今日は脱穀機の修理。戦前に作られた足踏み脱穀機である。一年に一度しか出番は無いものの、長年の使 用に耐えて来た古い機械、さすがに各所ボロボロに。ただ駆動系の金属部分がまだしっかりしているので、なんとか修理できそう。

かなりの重量があるのだが、その重さを支える土台の部分の木が腐ってボロボロ。数年前に応急処置をしたのだが、ついに水平を保てずグラグラと。家にある端 材を使って試行錯誤しながら作業。金属の枠の部分とまだしっかりしている支柱を活かしてビス止め。3時間程かかってなんとか修復。端材を張り合わせての修 理なので、強度はイマイチだけどなんとか今年も使用に耐えてくれそうである。

この脱穀機、小麦を作り始めた際オークションで一万円でゲットしたもの。正確な製造年は分からないけれど、大正年間にこの足踏み脱穀機が登場するまでは 稲、麦の脱穀は"千把扱き(センバコキ)"で作業していた訳で、当時はさぞ画期的な機械だったと思われる。シンプルな設計で作りがしっかりしているおかげ で今だ現役。旧き良き日本の風情を感じることができる。

2017年5月19日金曜日

クランク167.5mmからの…

この時期、農繁期で畑仕事に追われる日々。先日の薪運びから慢性疲労気味。気晴らしに午前中ひとっ走り、グリーンライン往復。南房総らしい新緑で山並みがブロッコリーの様。

で、今日はチャリンコネタ。およそ2ヶ月前、クランクを165mmから167,5mmに変更した記事を投稿したのだが、その後日談を。

2.5mmの差は当初インパクトがあり、下肢の運動が大きくなった分、それまでのフォーム、左右の足の動きにいろんなムラを見つけることができた。特に左 足の動きが不自然で負荷をかけた力が逃げてしまっている事に気がついてサドルの前後位置を変えたり、クリートの角度を変更。1ヶ月程すると随分左右差のな い運動ができるようななってきた。

しかし運動が大きくなった分、疲労も大きい。使う筋肉も多くなるのだから、やはり鍛えるしかない訳だ。自分の性分なのかつい楽な方へ気が流れてしまうのだ が、ここは我慢して身体を作っていくことに。ただ大きな運動はバイクを安定させる効果も大きく、より真っすぐ奇麗に走れるようになって気持ちがいい。距離 を走るほどそれを実感できるようになってくる。「本来こう乗るべき」だったんじゃないかと思うほど、意識まで変化してきた。

となると、欲?が出てきて「もう2.5mm伸ばしてみたら…」などと考え始めたのである。で、半月程前、カーボンバイクのクランクを170mmにしてみ た。最初に2.5mm伸ばした時よりインパクトはなく違和感も少ない。「あれっ?回せるかも」と。より大きな運動になるのだが、ペダリングもより精査でき る感じで、クロモリのバイクよりも遥かに軽い車体だけれど、以前より安定して乗ることができる。しかし2時間も乗ると背中が異様に疲れてしまう。これも 徐々に鍛えれば自然に乗れるのだろうか?この疲労感はまだ克服できていないのだが、走行感がなにより気持ちいい。人生最後のあがきと思う170mmクラン クへのトライ、とりあえず続けてみる。

2017年5月17日水曜日

オーシャンパラダイス!!

1982 年、録音に参加した「オーシャンパラダイス」。湘南のアーティストを紹介するようなオムニバスレコードだが、この度このアルバムから後藤ゆうじ氏の「手の 中にひまわりの夏」がアナログシングルレコードで再発される事になった。なにやらこのアルバム中古市場でレア盤となっているのだとか…。これは湘南ベース で活動するドラマー、菅沼オミラ先輩の投稿で知ったのだが。

で、家の何処かにあるはずと物置の奥を探すと出てきたぁ。アルバム中4曲に参加。当時22歳の自分、さすがにどんな演奏をしたか覚えがない。アレンジ, Pf, Key, Gui 鳥山雄司、Bass 美久月千晴 Dr オミラ菅沼 Perc, 田中倫明 録音した仲間も湘南繋がりでBread&Butterのサポートをしていたメンバー。聴いてみると若さゆえかストレートな演奏にビック リ。シングルカットされる曲は当時のイケイケなAORサウンドだけど、やはり鳥山氏のプロデュース力が素晴らしい。
こちらで試聴できます。http://www.whitenoiserecords.org/archives/43027

この翌年、83年に松岡直也「午後の水平線」に参加するまでは録音の仕事はそれほどやっていなかったなぁ、と。19歳でブレバタのサポートを始めてから松 岡グループに抜擢されるまでは、鳥山雄司氏が多くのミュージシャン、仕事を紹介してくれて活動の幅を拡げてくれたのだと今更に感謝っ! ! なかなか昔の自分の録音を聴き返す事はないので、今回のシングルカットはそんな事を想い出させてくれるキッカケになったのでした。

2017年5月11日木曜日

薪運び!

昨日の霧雨に煙った一日から一転、まるで梅雨明けのようなスカッとした五月晴れ。南房総中央を南北に抜けるグリーンライン、その道を囲むように連なる山肌に今、咲き乱れる野生の藤の花が美しい。

ここへ移住するまで、園芸植物としての藤の花しか見た事がなかった。里山に咲くこの藤はヤマフジと言われ"つる性”で、他の樹木の枝に絡み付き広がるのだそう。今ではこの時期ならではの眺めとして楽しんでい
 る。

しかし今日は年に一度の超重労働「薪運び」を敢行。この山あいにある部落に薪を売ってくれる店があるのだ。

我が家の冬の暖房は薪ストーヴである。薪ストー ヴのある暮らしは田舎ならではのもの。それは愉しみでもあるのだが、この薪の確保も大変。毎年小口ながら分けてもらう。今年は250束を運ぶ。楽器車ハイエースが木材運搬車に変わって我が家から3往復。総重量は3tを超えるかな?車に薪を積み込む時は手伝ってもらえるのだが、降ろす際は1人仕事である。午前中4時間かかってなんとか今年の冬の燃料を確保。写真の状態から束を崩して乾燥させるべく積み上げる作業にはまた数日かかる。さすがに疲れたのでビール 飲んで昼寝しちゃおうかな。

2017年4月28日金曜日

Romantica Quatro、Youtube 初登場!!

今年も気がつけば明日からゴールデンウィーク突入である。時の流れが早いと感じるのは加齢のせいだとしても、その流れの中で「何ができるのか」を自問自答するのも、齢を重ねたからこそ感じるところ。
仕事をせっせとしている仲間に比べれば、自分の歩は遅いかもしれないが、じっくりと音楽活動に取り組んで、出来る事をひとつひとつ重ねていくだけである。

さて、先日のRomanticaツアー最終日、甲府「桜座」のライヴ映像を一部Youtubeにアップしました。

https://youtu.be/DXwlbaPAr8I

Romantica Qutaroのライヴサウンドは、変則的な楽器構成ということもあって言葉では表現しにくく、果たしてどんな演奏をしているのか?は見て聴いてもらうのが一番わかりやすいかと…。

「Moncaka Attack」「Maria Cervantes」「Oracion」の3曲のテーマ部分をダイジェストに8分程の内容にまとめたもの。Adlibパート、ステージ全体のダイナミクスは是非ライヴに足を運んで感じてほしい。

メンバー:
田中倫明(パーカッション)
梶原順(ギター)
佐藤芳明(アコーディオン)
伊藤ハルトシ(チェロ、ギター)

2017年4月16日日曜日

ROMANTICA QUATRO ツアー終了!

ROMANTICA QUATRO ツアー終了!!今回は桜の開花時期とツアーが重なったことで、どの会場へ行ってもその土地々々の風情をより深く感じることができたような気がする。

旅の初日はライヴが始まるまでどうしても緊張してしまう。というのも果たして聴きに来てくれる人がいるだろうか?という不安が大きいから。ツアー初日は豊橋 「AVANTI」、昨年に続いてここへ来たのは何と言ってもお店のスタッフの方々の音楽やライヴ演奏に対する想いが僕らに伝わってきたから。そして蓋を開けてみれば前回を上回るお客さんの数となり、音楽好きはもちろん、楽器を演奏する方々も多く聴きにきてくれた様子。じっくり熱心に耳を傾けてくれているのが伝わってきて、楽しい演奏になった。今ツアー初参加となるアコーディオンの佐藤くんのパフォーマンスも新たな刺激となり、旅の始まりから面白い展開が見えてくる。
2日目は大阪「SORa」、会場の楽器の自然な響きに刺激され演奏は充実した内容に。約半年ぶりのライヴに、初めて聴きにきてくれた方も含め多くのお客さ んが足を運んでくれた。ツアーもしがいがあるというもの。ここはスタッフも皆親切で好きなライヴハウスのひとつ、定期的にライヴをやりたい場所である。

金沢はまさに桜満開の時期で、多くの観光客が訪れていたが「もっきりや」にも花見を兼ねて遠方よりライヴを聴きに来てくれた人もいた様子。あらゆるジャンルの音楽好きなマスター、平賀さんが切り盛りする「もっきりや」はいつも落ち着いて集中した演奏ができ、この日の演奏もしっかり盛り上がった。そしてツアーらしく日に日にバンド感が増してきて楽しい限り。

翌日は金沢から長野への移動で日本海側の道路を走るのだが、雪ぼうしをかぶった北アルプスの山々が迫り来る風景の中、川沿いに続く桜並木は圧巻である。この日のライヴ会場「Back Drop」のマスターの唐澤氏は旧知の仲だが、この店で自分名義のライヴをやるのは初めてである。初登場ということもあってかお客さんは少なめだったがじっくりと聴いてくれている様子、自ずと演奏はツアー後半らしく密度が濃くなる。そして演奏後の打ち上げの密度?も濃い(笑)。

ツアー最終日の朝、深い熟睡から目覚めると、まだ寝ぼけているのかツアーをやりきった感が既に充ちていて「あれ?今日は何処へ…?」状態、大丈夫か?オレ。と気合いを入れ直して甲府へと移動。道中、古くからの知人宅を訪ねたり、雨上がりの小淵沢あたりの桜の風景(写真)を楽しみながら「山の自然に囲まれた田舎暮らしも良いなぁ」などと妄想するのであった。

さて、甲府「桜座」も初登場である。ここのマスター "カイブツさん"こと龍野氏は元新宿ピットインのブッキングマネージャー、僕の20代からの演奏を聴いてくれている。昨年ここを訪れた際、自分の活動状況などを伝えて今回のライヴが実現した。「桜座」は古いがしっかりした建物で、大きな劇場とカフェスペースに分かれている。今回は多くの集客は難しいだろうとカフェでの演奏。しかし天井は高くPAもしっかりしていて十分なライヴスペースだ。独特なライヴな響きがして新鮮な気分で演奏することができて、ツアー最終日らしい充実した内容で締めくくることができた。打ち上げでのカイブツさんとの話は尽きない…。

昨年からひき続き、ツアー自体の回数が増すごとにバンド感もアップしている。ギターの順ちゃんの揺るぎないパフォーマンスはもとより、ハルトシくんの6弦エレクトリックチェロも楽器のコントロールがより自在になって、ギターも合わせてその自由度が増している。そして佐藤芳明くんのアコーディオンという楽器の可能性を極める姿勢に感激、そのパフォーマンスはバンドサウンドをよりパワフルにしてくれる。ん〜、何処まで行くのかROMANTICA、メンバーの奏でる音にまた新たな刺激を受けて、このアンサンブルの可能性を最大に引き出す楽曲をまた書いてみようと決心したのであった。「あ〜、ライヴツアーは楽し!!」、各会場のスタッフ、そして足を運んでいただいたお客様皆様、ありがとうございました。

2017年4月1日土曜日

ROMANTICA QUATRO TOUR 2017 ~春~

今日から4月、いよいよツアーのスケジュールが近づいてきました。今一度告知を!!

昨年行った3回のツアー、演奏を重ねるたびにバンドサウンドはまとまりスケールアップしてきました。今回も4人編成ですが、CD "Pablo X" に参加してくれたアコーディオンの佐藤芳明氏を迎えてライヴツアーに出掛けます。曲はオリジナル中心ですが、アコースティックなライヴサウンドはダイナミ クスレンジが広くスリリング、他には無いこのアンサンブルをこの機会に是非聴きにいらしてください。

メンバー
田中倫明 パーカッション
梶原順 ギター
佐藤芳明 アコーディオン
伊藤ハルトシ チェロ、ギター

豊橋「AVANTI」http://www.avanti-music.com/
4月11日(火)
OPEN 19:00 / START 20:00  
前売 3,500円 当日 4,000円(共に1drink付)

大阪難波「S.O.Ra」http://www.joyful-noise.net/sora/
4月12日(水)
OPEN 18:30 / START 19:30
前売 3,500円 当日 4,000円

金沢「もっきりや」
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
4月13日(木)
START 19:30
前売 3,500円 当日 4,000円

長野「Back Drop] http://www.back-drop.jp/
4月14日(金)
OPEN 19:00 / START 19:30  
前売 4,000円 当日 4,500円 (共に1drink付)

甲府『桜座」http://www.sakuraza.jp/
4月15日(土)
Open 18:00 / Start 18:30 
前売 3,500円 当日 4,000円

2017年3月25日土曜日

クランク長

このところペダリングもスムースになり、少し長いクランクも上手に回せるんじゃないかと思って、ここ数年使ってきたバイクのクランク長165mmを167.5mmに替えてみた。その差はたかが2.5mm、されど2.5mmである。直径にすると5mm、ペダル一周回の長さは1.57cm長くなる。ランに例えるとストライド(歩幅)が1.57cm広がった感じだろうか?ランならその分スピードが上がるが、バイクだとペダルの回転数が同じであればスピードは変わらないのがミソ。バイクに乗らない人には、コーヒーのハンドミルの取っ手の長さが少し長くなる感じと言えば伝わりやすいかも。

さてそのフィーリングは、明らかに下肢全体の運動が大きくなるのがわかる。ペダルの周回が大きくなるのだから当然だが、しかし回せない大きさでもない。平地で少しだけ重めのギヤで30分程回すと、今まで使っていなかった筋肉を動かしているのか、腰回りから背中にかけてじわじわキツくなってくる。上体を前傾させるのではなく、大きなアーチを描くように背中を丸めるとその辺りに力が入りやすくペダルも回る。ん〜これかぁ。コツは掴めるのだがそれをキープするのが難しい。
上体の姿勢が少し変わるのか、ハンドルが少し遠く感じたのでその後ステムを10mm短いものに替えてハンドルを近づけた(写真)。腰から背中にかけての筋肉を鍛えればなんとかなるかな。

大きな運動になるせいか、背中は疲れやすいがバイクとの一体感は増す感じ。そして肩から腕にかけて余計な力が抜けて、下肢だけでバイクを進めている感覚になる。これは体幹を安定させながら、肩、腕をリラックスさせてタイコを叩く動作にとても効果的があると思われる。

長いクランクはテコの原理から短いクランクよりも力が出しやすい。しかし長過ぎればペダルを回すのが困難となる。回しやすい上で最長のクランクを使えば良いのだが、運動能力や年齢も加味してベストな長さを見極めたい。楽器の演奏能力向上の目的も合わせて、しばらく167.5mmにトライしてみる。ちなみに僕の身長は168cm、股下77cm。

2017年3月24日金曜日

Romantica Quatro Live @セラヴィ、終了!!

4月のツアーの手始めとなる今回のライヴ、4人編成は変わらず、バンドネオンの早川純氏をスケジュールの都合から、アコーディオン奏者 (作品 "Pablo X" に参加してくれている) 佐藤芳明氏にスイッチ。同じ蛇腹楽器とは言え出てくる音の印象は違い、選曲も変われば演奏の展開も変わってくる。いや、それは楽器の違いだけでなく奏者の違いにもよるところが大きいのだろうけど…。

メンバーそれぞれは面識があるものの、この4人での演奏は初顔合わせ。ライヴ初日は手探りの部分も多いが、落ち着いてゆったりと演奏できた。今日のお客さんはちょっと少なめだったけれど、拍手は暖かく、アンコール終了まで皆じっくり聴いてくれていた様子。課題はMCを含め、曲順等、全体の流れをもう少し整理することかと。その辺りをもう少し煮詰めてツアーに突入したい。ご来場いただいたお客様みなさん、ありがとうございました。