2017年9月12日火曜日

"復活!! Conjunto Michaquino"

2017年、日本のサルサ/ラテン・ジャズ界に大きな衝撃が走り抜けた。伝説のConjunto Michaquinoが、35年の時を経て、復活する事になったからだ。角松敏生、Sing Like Talking等、長らくJ・ポップ界で活動をしてきた田中倫明が、サルサ/ラテン・ジャズ界にとうとう戻ってくる。これは驚き以外の何物でもない。

Conjunto Michaquino。サルサ/ラテン・ジャズの日本での黎明期を作ったパイオニア、唯一無比の存在として知られている。初めて生で観たティト・プエンテに心酔し、80年代初頭にニューヨークに一人果敢に通い詰めた田中倫明が、その奥義を日本に広く伝道せんとの使命に燃えて結成したユニット。活動期間は短かったが、混沌とした熱気は未だ伝説として語り継がれている。このユニットがきっかけとなって、日本の音楽界でサルサ、ラテン・ジャズが認知され出した。まさに魁だった。

その田中倫明が、遂に封印を解いた。若手とのラテン・ジャズ・セッションに参加した事で大いに触発され、この音楽への想いが一気に爆発したのだ。当時思い描いていた音楽を、具体的に表せる演奏者が今はいる。その確信が、心を強く揺さぶった。今回のユニットには、本場プエルトリコでも人気のカリビアン・フルートの第一人者赤木りえから、最も旬な若手ピアニスト、野口茜までが勢ぞろい。Conjuntoと小編成 ながらも、オール・スターズの趣きだ。 

田中倫明が夢見たサルサとは、ラテン・ジャズとは、果たしてどのようなものだったのか?新世代を巻き込んでの新たなる一歩が、今、解き明かす。未来に向けての冒険が35年の時を経て再び始まった。(Text : 原 昭)

35年ぶりの"Conjunto Michaquino"の復活。当時のメンバーのリユニオンという訳では無く、今まさにラテンスタイルで自分の出来る事を気心知れたメンバーでやってみようかと。オリジナル曲やラテン、ジャズのスタンダードを取り上げて、メンバーそれぞれのエネルギーを活かした音が出ればと思っている。これは当時のライヴ告知ポスターである(幼馴染のデザイナーが書いてくれたものでA1サイズ)。

"復活!! Conjunto Michaquino"
メンバー
田中倫明 / Perc.
山北健一 / Perc.
赤木りえ / Flute
野口茜 / Piano
澁谷和利 / Bass

@ 六本木キーストンクラブ
10月23日(月)Open 18:30〜 Start 20:00〜
予約¥3,500 / 当日¥4,000
Tel : 03-6721-1723
www.keystoneclubtokyo.com

35年という時間をどう振り返っても実感しようがない。とにかくこの間に積み重ねてきた音楽的、人間的経験から今の自分が在るわけで、当時より「知っている事」「分かる事」「出来る事」全てが充実してる訳だから、今奏でる音は自ずと豊かなハズ。

2017年9月7日木曜日

ROMANTICA QUATRO TOUR 2017 ~秋~

"ROMANTICA QUATRO"、春に行ったツアーに続いて秋もミニツアーに出掛けます。
やっと出演が決まった名古屋トクゾウ、大阪は春に続いて再び、最終日新宮市でのライヴは初めてだけれど縁深い所。
アルバム「ORACION」を2年前の11月にリリースしてから続けてきた4人編成でのライヴ。ツアーはこれで一段落、いよいよパワフルに熟成したこの独特なアンサンブルをこの機会にお聴き逃し無くっ!!

メンバー
田中倫明 Percussion
梶原順 Guitar
佐藤芳明 Accordion
伊藤ハルトシ Cello, Guitar

名古屋「TOKUZO」
11月6日(月)
Open 18:30 Start 19:30
前売¥3,500 当日¥4,000
Tel:052-733-3709
www.tokuzo.com

大阪難波「music bar S.O.Ra」
11月7日(火)
Open 18:30 Start 19:30
前売¥3,500 当日¥4,000
Tel:06-6644-9292(JOYFUL NOIZE)
www.joyful-noise.net/sora/

新宮市「TONGA」
11月8日(水)
Open 19:00 Start 19:30
前売¥3,000 当日¥3,500 ドリンク代別途¥500
Tel:0735-23-2778
www.facebook.com/LiveBarTONGA

2017年9月4日月曜日

南房総の森林資源活用を考える

今日は「南房総市の森林資源の活用を考える意見交換会」に参加してきた。

我が奥さまの主催する"七浦プロジェクト"にてまとまった量の薪を使用する予定があり、地元の森林資源に関する実情を勉強させていただいた。チャリンコの山岳コースでもある嶺岡地区へ少し入るとこんな杉林がある。

森を見るかぎり豊かな資源が眠っているように感じるのだが、その実情はかなり複雑で国の補助をもってしても採算を合わせるのは難しいとのこと。農業も大変だが、林業はもっともっと大変なのだと実感した。

2017年8月30日水曜日

タイコの練習量?が増えている件

このブログの投稿では自然の中での生活環境を活かしたネタが多いが、我が家は実は打楽器という音の大きい楽器を鳴らすべく環境にも恵まれている。なにしろ周り360度が耕作放棄地という環境である。

引っ越し当初は歳をとるにつれて衰えていくであろう"パワー"を維持すべく最小限の練習ができればいいくらいに思っていて、毎日練習するという程ではなかった。それは新たな生活のサイクルを構築するのに少し時間がかかったというのもあるかな。それでもここでアルバム2枚を産み出せたのはこの環境あってこそなんだが。

で、特にここへきてタイコを叩く時間が増えてきている。たとえばこの一年くらいは、毎日最低でも1時間、調子にのると3時間くらいは叩いているかな。まずジャンベに向かって、音が整うようにウォーミングアップを20~30分くらいしているうちに調子が出てきて、気がつくともう30分程経っているといった感じ。続いてコンガをたたき出すともう1時間が経っているという…。叩いている間に力を抜くフォームやタッチを意識していくうちに、音色のコントラストがハッキリしてきて、簡単なパターンでもそのリズムの中にグッと入り込んでいく感じ。力が抜けていれば手は痛くならず、ずっと叩いていられる感覚に。そう言えば40代くらいまでは全指にテーピングテープを巻いて叩いていたが、今は素手で全然大丈夫である。それと仕事のために練習しているという感覚が無くなったのも大きいのかも。時折現場で緊張して力が入ってしまうと、次の日少々手が痛くなる。

なんだか何歳まで叩き続けられるのかな〜なんて思っていたけど、「これはただ好きで叩いているんだなぁ」と思えてきて、ならば仕事など関係無く、いくつになってもずーっと死ぬまで叩いているんだろうな。さて今日もそろそろ始めますか…。おっと、明日はRomantica Quatroのライヴです、よろしければ聴きにいらしてくださ〜い。

2017年8月20日日曜日

ROMANTICA QUATRO LIVE ! !

さて、ライヴの日取りが近づいてきたので今一度告知を!

アルバム”ORACION”をリリースして11月で丸二年、その間そのプロモーションとして各地でライヴを展開してきた。来週の神保町「楽屋」のライヴに続いて11月にミニツアーを控えるが、年内のRomanticaの活動は一段落。写真は春に行った豊橋「AVANTI」の様子、バンドらしさを捉えた好きなワンショット。ライヴを重ねてきて、益々充実したサウンドを是非聴きにいらして下さい。

Romantica Quatro Live @神保町「楽屋」 
8月31日(木) Open 18:00 Start 19:30 前¥3,500 当¥4,000
田中倫明 Percussion 佐藤芳明 Accordion 
梶原順 Guitar 伊藤ハルトシ Cello, Guitar

加えて11月のミニツアーの情報を少し、メンバーはこの4人で。詳細は追ってお知らせします。

11月6日 名古屋「トクゾウ」
       7日 大阪「S.O.R.a」
       8日 新宮市「TONGA」
追記)日程、最初の投稿が一日ずれていました。修正しました。(20日、20時)

2017年8月8日火曜日

獣害対策虚しく…

台風5号の影響で、昨夜時折強く雨と風。今朝は晴れてはいるものの15mくらいの吹き返しの風が強い。

今朝、畑の様子を見に行くとなんと、大豆、瓜、キュウリ、そして写真の落花生の畑が獣に荒らされている。先日投稿した記事の大豆の苗は根こそぎ全て食べられており、瓜やキュウリは収穫しそびれたものをしっかり食べ尽してある。で、なんともショックなのは落花生、十分に獣害対策を施したつもりだったがこの有様。かなり丈夫な網を掛けておいたのだが、見事に破られており全ての株が根こそぎひっくり返されている。今年は土作りから気合い入れて取り組んで来て、ここまで順調に葉を繁らせ花もたくさんついていただけにショックがデカい。収穫は9月末〜10初め、まだ実は大きくなっていないハズなのに…。

ん〜、これで朝からテンション下がりまくり〜。多分タヌキかハクビシンの仕業と思われるのだが、台風で荒れる夜の夜中にこの仕業、この網を破るくらい凶暴になっているのは、回りの畑もイノシシの被害からやめてしまった所が多く、奴らも食べるものが無くて必死なんだろうな…。こうなると大豆、落花生は手の施しようが無く、今年は諦めるしかない。すでに来年どうしようかと考えてしまう。なかなか厳しい台風一過の朝である。

2017年8月1日火曜日

Romantica Quatro Live

今日から8月、例年より2週間ほど遅れて播いた晩生の大豆、ようやく元気に芽が出揃った。

さて、今年後半のRomantica Quatroの活動だが、今月末日に久しぶりの都内でのライヴ。"Oracion"リリース後、ライヴを重ねて熟成した4人編成のサウンド、この機会をお聴き逃し無く!

Romantica Quatro Live @神保町「楽屋」 
8月31日(木) Open 18:00 Start 19:30 前¥3,500 当¥4,000


田中倫明 Percussion 佐藤芳明 Accordion 
梶原順 Guitar 伊藤ハルトシ Cello, Guitar

このライヴに続いて、11月上旬に名古屋、大阪、新宮とミニツアーを控えている。ツアー詳細は後日お伝えするが、写真の大豆、このツアー終了後あたりに収 穫となる。順調に収穫となれば久しぶりに味噌を仕込もうかと…。ちょっと先の話の様だが、あっと言う間に時間は経つんだろうな。

2017年7月20日木曜日

落花生の行方

落花生に花が咲き始めたばかりだというのに、2株ほど根本を何者か(多分タヌキかハクビシン)に掘り返されたので早速網をかけた。

そのタイミングで獣除け の?ソテツの葉を分けてもらって網の回りに敷いてみる。昨年はこれで無事収穫となったが、今年はこれに加えて獣達の侵入してくる側に有刺鉄線まで施すとい うスペヒャルバージョン。

これはまさかのイノシシ侵入防止策でもあるのだが…。

2017年7月9日日曜日

1980年12月8日

我が家のカセットテープデッキが壊れてもう10年程経つだろうか?その時点でメディアは変遷してカセットテープを使う機会は無くなってしまった。ところが古い荷物を整理していたら、カセットテープがまとまって出てきた。しかし再生機器が無い。そこへ改装中の七浦小学校で使われた放送機材の中にカセットデッキがあり、廃棄してしまうというので譲っていただくことに。

その聴き返したいカセット、殆どが80年代前半に度々滞在したN.Y.でのライヴ録音テープである。中でもこれが一番気にかかる一本のテープ。Ray Barretto "Salsa meets Jazz at Village Gate" ゲストRandy Breckerである。日付は1980年12月8日。この日付だけでピンと来る人も多いかと思うのだが、この日はいろんな事があって今でも記憶が鮮明に蘇る。

この時のN.Y.滞在は3ヶ月程で、その半分をニュージャージーの友人の家に居候させてもらった。この日、その友人の車を借りて一人でマンハッタンまでライヴを見に。普段Salsaのライヴは週末に限られ、それもスパニッシュハーレ ムの中のクラブが中心。この”Salsa meets Jazz"は毎週月曜日、ダウンタンのヴィレッジでSalsaのバンドを観れるということもあって客層も幅広い。Jazzのソリストを一人ゲストに迎え て、ダンスクラブでは聴けないラテンジャズのインプロビゼーションが展開される。

このタイミングで新譜「Giant Force」をリリースしていたRay Barrettoのオーケストラ。このアルバム、ダンスできるのか?というくらいテンポの早くスリリングなアレンジの曲が多く、ゲストのRandy Breckerのソロもクールで、この日のライヴはその滞在中に見た中で一番熱いライヴとなり大興奮。

ショウは午前2時過ぎに終わり、興奮冷めやらぬまま車へ戻ると、なんと車の中が何者かに荒らされた形跡が、ダッシュボードがこじ開けられたり…。ただ車の 中にはなにも置いておらず、鍵も壊れていないのでそのままニュージャージーへ戻った。翌朝起きて友人に車の話をしようとしたら「夕べ、ジョン・レノンが銃 で撃たれて亡くなったらしい」と逆に切り出された。ちょうどライヴの最中の話である。当時20歳だった自分にはこのインパクトの強い一晩の出来事にハラハラ、ドキドキ。80年代前半のN.Y.の治安はまだまだ悪く、友人に迷惑をかけながらも、怖いもの知らずというか、その行動力に我ながらビックリ。

で、37年前ウォークマンで録音したテープ、ちゃんと再生できたっ! Ray Barrettoの演奏はやはり凄まじく、この頃のサルサの勢いを再認識できる素晴らしいライヴ。このノリは自分のイメージにしっかり焼き付いていて、つ いこの間の事の様にも感じる。多感な時期にできた貴重な体験である。

2017年7月1日土曜日

七浦プロジェクト!

7 月1日、今年も半年が過ぎ今日から下半期のスタート。

今朝、地元紙「房日新聞」一面のコラムにこんな記事が…。我が奥さまの展開している大事業「七浦プロ ジェクト」について。七浦とは千倉町南部に位置する旧七浦村のあった地域の事。文末には自分の事まで紹介されていて気恥ずかしい。

この計画、実は2年以上前にスタートしたのだが、なかなか事態が前に進まず、ひとつひとつ問題をクリアしつつ最終的な銀行の融資が決定したのが先月のこと。ローカルな内容だけれど計画の概略は2年前のこの記事に載っているので興味のある方はどうぞ。http://localnippon.muji.com/news/1591/

年内オープンを目指してやっと大きく進み出したこの計画。これから半年間、今まで以上にドタバタと忙しくなりそう。と言っても僕はこの計画に直接関わって いるわけではないので、忙しく動き回っている奥さまの健康管理を(医者でもないのに)一役買うくらいしかできないのだが。