2018年4月7日土曜日

「セロニアス・モンク 独創のジャズ物語」

少し時間がかかったがやっと読破! 「セロニアス・モンク 独創のジャズ物語」2007年、ロビン・ケリー著。昨年出版された日本語版。約650頁におよぶノンフィクションストーリー。読み応えがあった。

自分が聴いてきたモンクの楽曲、演奏はどこをとっても独創的で、まさにオンリーワンのジャズジャイアントというイメージだが、その行き方、人間性に関しては全く知らなかったのだ。

驚いたのは40年代、ビバップの創成の一役を担ったモンクだが、ディジー・ガレスピーとチャーリー・パーカーが注目を浴び有名になる一方、モンクは50年代末まで全く評価されず、仕事も無くひたすら貧乏な暮らしをしていたということ。40歳になる少し前に一気に評価が高まりブレイクするのだが、その後どれだけ忙しくなってもモンクの音楽のスタイルは一貫しており、時代がモンクに追いつき、追い越していくという風に見えてくる。時代がモンクを追い越す様に見えるのは、マイルスがエレクトリックサウンドを取り入れたりして時代の最先端を行くのに対して、モンクは変化しなかったからだが、実際病気も患って50歳代後半にはピアノを弾くのを辞めてしまう。

しかしどんな時も多くのミュージシャンに尊敬され、音楽の仲間、家族に支えられ、モンクの暖かい人間性を伺い知ることが出来る。また、ジャズのレジェンド達が続々と登場してきて、モンクとの関係がどうあったのかという部分も興味深い。ジャズの歴史だけでなく、40〜70年代に於ける当時のアメリカ社会の時代背景、そしてN.Y,でのミュージシャンの生活、仕事の様子など、ありありと目に浮かぶ様に描かれている。モンクファン、ジャズファンなら是非一読することをオススメする!!

2018年4月3日火曜日

小麦の花

先週末は、まるで花見をした気分になるほど多くの人が満開の桜をブログやFBにアップしていたが、自分は都内の目黒川、そして首都高から千鳥ヶ淵の桜を見たり…、まあどこも凄い人出で目が回るほど。

4月に入り、特にここ数日気温が高い。ウグイスの声に誘われて畑の様子を見に出ると、既に小麦の穂がしっかりと伸びている。写真に写る麦穂につくこの白い小さな毛?のようなもの、これが「小麦の花」である。マクロレンズで寄ればもっと花らしく見えるのかな。こちらもちょうど満開のピークを過ぎた感じ。

しかし、まさに春爛漫というこの時期に、花粉症と風邪気味が相まって自分のアクティビティーが上がらないのがもどかしい、ウグイスのごとく外で活発に動きたいのだけれど…。

2018年3月28日水曜日

復活 ”Conjunto Michaquino" 第三弾 ! !

3月も残すところあと数日、気が付けば来月の"Conjunto Michaquino" のライヴまで既に1ヶ月を切っている。

昨年から既に2回のライヴを経て、バンドはジワジワとパワーアップ中、いい感じで盛り上がってきています。そして今 回も同じメンバーでより元気にいろいろトライしたいところ…、乞うご期待っ!

復活"Conjunto Michaquino"第三弾 ! !
4月24日(火)@Keystone Club 東京
Charge 予約¥3,500 / 当日¥4,000
Open : 18:30 Start : 19:30 Tel : 03-6721-1723
メンバー / 赤木りえ : Flute 野口茜 : Piano 

澁谷和利 : Bass 山北健一 : Perc. 田中倫明 : Perc.

2018年3月25日日曜日

Romantica Quatro Live 終了!


記事のアップは少し遅れたのだが、去る3月22日、Romantica Quatroのライヴが終了!都内では昨年8月ぶりのライヴ、そしてこのメンバーの顔合わせはほぼ一年ぶり。

ギターの順ちゃん、チェロのハルトシくんと僕はこの2年ほどツアーもこなしてきたこともあって阿吽の呼吸で音が紡がれていく。一年ぶりの参加となるバンドネオンの早川くんも一回りスケールアップした感じ、フルートのりえさんも変わらず素晴らしいソロを聴かせてくれて、ライヴはとても充実した内容となった。

以前は自分がサウンドをまとめなければという意識が強かったのだけれど、気心知れるメンバーに成り行きを任せることで自分の演奏にも余裕が持て、みんなの音が隅々まで聴こえてくる。皆お互いの音を楽しみながら演奏している感じはお客さんにも伝わったのではないだろうか。願わくば一人でも多くの人に聴いていただきたいのだが…。

この先の展開もConjunto Michaquinoの活動と併せて考えていきたい。

2018年3月21日水曜日

皮の張り替え

2月初旬にコンガのメンテの記事を投稿をしたが、おかげでぐっとコンディションが上がって、これを機にコンガ、そしてボンゴの皮も張り替えて音は一新。そしてジャンベもプロショップにお願いしていた皮の張り替えが出来上がってきた。

どれもまだ張り替えたばかりだというのに、まるで楽器が生まれ変わったのごとく「いい音」がしている。コンガ、ボンゴともこの楽器を手にしてからベストな状態で、まるで楽器から「叩いてくれ〜」と言われている様。Romanticaのライヴでボンゴを叩いたことは無いのだが、明日はボンゴだけで一曲演奏してみようかな。

2018年3月18日日曜日

"ROMANTICA QUATRO meets 赤木りえ"

さて、ライヴの告知です。いよいよ今週木曜日、"ROMANTICA QUATRO meets 赤木りえ" のライヴが迫ってきました。

久しぶりにバンドネオンの早川くん迎えて、あんな曲やこんな曲をやろうと試行錯誤中。赤木さんも含めほぼ一年ぶりのこの顔合わせ。バンドは昨年のツアーで演奏を重ね、より熟成したサウンドになっております。是非聴きにいらしてください!!

"ROMANTICA QUATRO meets 赤木りえ"
3月22日(木)@中目黒「楽屋」
Start : 19:30~ & 21:00~
Music charage : ¥3,500  
メンバー : 田中倫明 (Perc.) 梶原順 (Guitar) 早川純 (Bandoneon) 伊藤ハルトシ (Cello, Guitar)
ゲスト : 赤木りえ (Flute)

2018年3月4日日曜日

南房総サイクルツーリズム協会「平群クラブハウス」

今日は南西の風が強く吹いているが、天気は良く気温も18℃まで上がって温かい。そこで南房総市、旧平群小学校に昨年オープンした南房総サイクルツーリズム協会「平群クラブハウス」を訪ねてみた。

するとなんとタイミング良く、協会長である高橋松吉氏にお会いすることができた。高橋氏は日本プロロードレースの先駆者、ロス・オリンピックに出場したレジェンドである。突然出迎えてくれた氏に思わず「か、監督ですよね?」とミーハーに切り出してしまったのだが。

南房総の名峰「伊予ヶ岳」を背にするこのクラブハウスはサイクリストの交流の場としてオープン、どうやらその運営の方向性もまだまだこれから広がっていく様子。運営日は土、日、祭日でクロスバイクのレンタルもある。

監督には旧小学校を利用したいきさつやこれからの展開等についていろんな話を聞かせていただいた。南房総が自転車にとって素晴らしいフィールドであるということを多くの人に知ってもらうべく尽力されている様子。今日も丁度、栃木の女性サイクル チームが訪れ、ここをベースに走り回っているという。サイクリストが南房総を訪れるキッカケとなる拠点になればよいな。

高橋松吉氏自身も登場する、南房総のPV。
https://www.youtube.com/watch?time_continue=2&v=kbgWwqoGXd4 

2018年3月3日土曜日

直売所デヴュー!!

本日、某直売所に並んだ自分で作った野菜達。値札に名前が入るのは生産者の顔が見えるという直売所ならではの事だが、そこに自分の名前が入るとなんだか気恥ずかしい、でも同時に責任感も生まれる。

これから毎週土曜日、収穫さえあれば置いてもらえる事に。キャベツ、菜花、大根と、隣に並んでいた立派な小松菜に比べて見てくれはショボいのだが、"ウリ"は有機無農薬栽培、味は良いよ。

なにせ素人が作ったものなので値段は安く設定、わずかな売り上げがあれば苗や肥料を買う足しになればいいかな。

2018年2月27日火曜日

"ROMANTICA QUATRO meets 赤木りえ"

午前中ひとっ走り、グリンライン沿いの緋寒桜に注ぐ太陽光。日に日に春の気配が満ちてくる。

さて、今日はライヴの告知を!
 
"Conjunto Michaquino"の快進撃は続いているが、やはり"Romantica"も聴いて頂きたい。この二つのバンド、ゆくゆくはいろんな要素をミックスしてひとつのオルケスタにしたいなぁ、という展望もあるのだが、"Romantica"、今年はいろんなトライをしてみようと画策中。で、今年最初の"Romantica Live"は、久しぶりにバンドネオンの早川くんの登場。そしてゲストにはフルート、赤木りえさんをお迎えします。

"ROMANTICA QUATRO meets 赤木りえ"
3月22日(木)@中目黒「楽屋」
Start : 19:30~ & 21:00~ Music charage : ¥3,500  
メンバー : 田中倫明 (Perc.) 梶原順 (Guitar) 早川純 (Bandoneon) 伊藤ハルトシ (Cello, Guitar)
ゲスト : 赤木りえ (Flute)

2018年2月19日月曜日

ホームベーカリー新調!

15年使ってきたホームベーカリーの調子が徐々に怪しくなってきて、焼いたパンはあまり膨らまず、パンのてっぺんがしっかり焼けない。そこで思い切って新品購入!

ネットで新機種を探してみると、最新型は自分では使わない機能ばかり増えて値段も高い。そこで型落ちの値段も安い機種で口コミの評判がいいものを見つけたが、今まで使っていた物とメーカーも一緒で、年月が経った割には似た構造で使い勝手もほとんど同じ。新しくなった気がしないほどだが、いざ焼いてみるとバッチリ!

我が家では天然酵母を使っているのだが、その生種を起こすのもこの機械まかせ。どうやらその温度管理、そしてパンを焼く温度もちゃんとコントロールできてなかったみたい。小麦の栽培から自分でやって製粉したものを焼くので、肝心のパン焼きがコケるとそこまでの苦労も報われない。それにしても今じゃネットで機能を探って評判まで加味してポチッとすれば、翌日には家に届くんだからビックリだな。