2017年6月14日水曜日

自分のオリジナル曲が映画音楽に酷似している件

僕の楽曲を多く知る近所の友人が「この音楽、みちあきさんのあの曲とソックリですよ」とこのDVDを貸してくれた。ジュリアーノ・ジェンマ、リー・ ヴァン・クリーフ主演「怒りの荒野」。マカロニ・ウエスタン大好きだけど、この映画は見た事が無い。音楽はエンニオ・モリコーネかと思いきや、この映画は リズ・オルトラーニでモリコーネと並ぶイタリアの作曲家。

早速、映画を見てみるとそのテーマ曲が、自分の「Moncada Attack」という曲と酷似!! とにかくメロディーの頭の4小節がまるで同じと言っていい、ん〜〜っ、ビックリ。しかも劇中にこの4小節のメロディーがシーン、シーンでヴァージョンを替 えながら何度も流れるのであ〜る。本当にこの映画を見た事が無かっただろうか?とドキドキしながら観みたが、はやり初めて。

自分のオジリナル曲の中には「なんだかあの曲に似てるかも?」という曲が確かにあるのだが、それは音楽を勉強、吸収していくうちに無意識にサウンドやメロ ディに反映されるのは自然な事と思うのだが、一節とはいえ同じメロディが過去に存在したのかと思うと複雑な気分。でも映画音楽の巨匠ともいうべきリズ・オルトラーニと同じメロディを想起したのだという、ちょっとミーハー的嬉しさもあるのだが。

映画は67年のマカロニ・ウエスタン、僕の曲は15年程前キューバ革命のキッカケになった事変を想起して書いたもの。共通点を探るならば「戦いの裏腹にあ るセンティミエント」というところか…。自分の曲が商業的に成功したりすると(ありえないが)出版元から訴えられたりするのかな?

お時間のある方、yutubeのリンクを聴き比べてみてください。「Moncada Attack」は先日ライヴ映像をアップした最初の曲です。

https://www.youtube.com/watch?v=HBXU7XCBXWI
https://www.youtube.com/watch?v=DXwlbaPAr8I

2017年6月1日木曜日

ラテンジャズガラ〜、6月のライヴ中止のお知らせ!

5月は農繁期で夏野菜の仕込みや小麦の収穫、おまけに薪運びと身体を酷使?して慢性疲労気味だった。さて、今日から6月、早朝から静かな雨が降って梅雨入りを予感させるが、心穏やかな朝である。先日刈り取った小麦、例年に無い豊作で只今乾燥中。間もなく脱穀にとりかかる。

収穫の喜びとは裏腹にちょっと残念なお知らせが。先日投稿した野口茜ちゃんの原宿ラドンナでのライヴ、久しぶりのラテンジャズに演奏も楽しく盛り上がり、引き続き今月もこのライヴをシリーズとして2回 (15、29日) のライヴを控えており、今後の展開が楽しみだったのだが、このスケジュールが急遽キャンセルとなった。「見に行くよ〜」と言ってくれていた方々には申し訳ないのだが…。多くの人が関わって進めていたプロジェクトだっただけになんとも残念。

しかし、この間の演奏で自分の中のラテン魂?に火が着いたのか、この事態とは関係なくこんなサウンドのライヴを今度は自分主催でやってみよかなぁ〜、なんて思い始めた。まだ漠然としたアイデアだけど、秋口あたりにライヴを実現させたいな、なんて。「Conjunto Michaquino 2017」的な…。